■ゲームの内容

ゲーム「大洗女子学園チームVS大学選抜チーム」

特徴

今回のゲームは30輌vs30輌の大戦車戦! そのため『ぱんつぁーふぉー2』では新しいゲームシステムを採用しています。このような大規模な集団戦で、より重要性を増すのが部隊の編成と運用。本ゲームでもプレイヤーは、みほまたは愛里寿の立場となって、目的に応じた戦力(戦車)を選別し、各隊の編成と隊長を決定、そして任務を実行させていきます。劇中通りに作戦をおこなうも、また自分独自の編成で戦うも、プレイヤーの判断次第です。
このゲームでは、大洗女子学園チームVS大学選抜チームの試合の前半戦を再現した「丘陵地帯」、後半戦を再現した「遊園地跡」の2つを遊ぶことが出来ます。

ゲーム1「丘陵地帯」

中央の丘を挟んでマップ上部には大学選抜チーム、下部には大洗女子学園チームが布陣します。戦場が広いため、味方同士の連携が重要になります。もちろん、大学選抜チーム側にはカール自走臼砲も登場します。

ゲーム2「遊園地跡」

中央の遊園地跡にて待ち構える大洗女子学園チームを、外側から大学選抜チームが攻めます。大学選抜チーム側の本気の攻勢に対して、大洗女子学園側がどれだけ地の利を活かせるかどうかが問われます。

『ぱんつぁー・ふぉー!』追加キット

以下の追加キットをプレイするためには、前作が必要です。

キット1: 追加シナリオ
「エキシビションです!」

前作のゲームルールを用いて遊べる「エキシビションマッチ」シナリオが収録されています。前作のコマ、マップ、カードを用い、本作に含まれるクルセイダーMk.III、西絹代やクラーラのコマを加えてプレイします。

キット2:
「大洗防衛線」

「大洗防衛線」は、メガミマガジン(発行:学研パブリッシング)にて発表された「初めての戦車道ルール」のアップデート版です。『ぱんつぁー・ふぉー!』ではプレイにカードを使用しましたが、カードを使わずに遊ぶことができるように、またこうしたボードゲームが初めての人にとっては入門用となるよう、ルールが簡略化されています。「大洗防衛線」をプレイするためには、前作が必要です。