「三国志 天下三分の計 にょた!」は プレイヤーが三国志の英雄となり、山札の武将や軍師カードを手に入れ、 エリアカードを平定して支配地域を広げることで勝利を目指す 拡大生産型マルチカードゲームです。

大まかなゲームの流れを説明していきます。


★山札を作ります★


まず、カードの裏の色ごとに良くシャッフルし、下から緑・赤・青の順に積み上げて行きます。
そのあとで、ランダムに選んだ緑のカードを一枚、青と赤のカードの境に差し入れます。
これで山札が完成です。


★セットアップ★

これがゲームスタート時の様子です(4人プレイの場合)。


各プレイヤーは、それぞれ威信カウンターと軍団カウンターを規定の数だけ所有しています。
中央にあるカウンターは、カード落札時などに手に入るものです。
山札からカードを一枚めくり、プレイヤーは順番にカウンターを提示して入札を行っていきます。
通常はカウンター1枚が1ポイントの価値を持っていますが、特殊なカウンターについてはそれ以上の価値を持つものもあります。
一番高ポイントを提示したプレイヤーのところに、カードは落札されます。
落札されたカードには、それぞれに能力やVPが明記されています。
最初から多くのポイントをつぎ込んでカードを購入すると、手持ちのポイントがなくなり、他のプレイヤーが強力なカードをたやすく手に入れてしまいます。
他のプレイヤーに多くのポイントを使わせ、その上で自分はなるべく力を温存するといった駆け引きが必要とされます。


★落札したばかりの領土カード★

領土を獲得しても、すぐさま完全にプレイヤーの物となるわけではありません。
領土を獲得するために送り込んだ軍勢は、その土地が平定されるまで戻れないのです。
カードが盤上で一枚落札される毎に、カウンターは1枚ずつ戻ってきます。
すべてのカウンターが手元に戻ってきたとき、その土地は完全にプレイヤーの物となるのです。
カードによっては、平定することで優秀な特別軍団カウンターが手に入ることもあります。
VPを多く得たプレイヤーがこのゲームに勝利します。領土カードが最も直接的にVPを得られるカードです。
洛陽などの富が集まる土地などは、多くのVPが手に入ります。それだけに熾烈なやりとりがかわされることでしょう。


★武将カード★

武将カードを手に入れると、プレイヤーはカードのアイコンや説明に応じた能力を使えるようになります。
関羽などの武将には、特別軍団カウンターが付いてきます。これらは落札の瞬間から使うことができます。


★カードの横取り★

いくつかのイベントカードを使うことで、他のプレイヤーの領土に侵攻し、相手の領土カードを奪う、または平定を送らせることができます。



自分が抜きん出るための知恵と、相手を追い落とすための知恵の両方が求められるゲームなのです。


Copyright © 2006 唐弥霙・砂漠のキタキツネ・山口宗春・国際通信社