HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『センチュリー(CENTURY)』2017年7月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2017年6月30日

株式会社 USPマネジメント

『センチュリー(CENTURY)』2017年7月号情報を掲載しました。

『USPマネジメント』公式サイト『センチュリー(CENTURY)』公式サイトを更新、月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』2017年7月号の情報を掲載いたしました。

最新号の主な内容は以下の通りとなっています。

【巻頭特集】
「過剰なサービスによる労働者の疲弊 今「おもてなし」を見直す時」

日本は人の気持ちを考えて行動をする文化であるため、相手の立場に立って親切に対応するのが得意な国だ。この日本独自の「おもてなし」の精神は世界的にも評価され、東京五輪開催決定の決め手にもなった。それによってますますおもてなしを強化しようとする風潮が生まれている。だが、過剰なサービスの提供で客側の要望が増え、「クレーマー」と呼ばれる人が増えたり、労働者がストレスをため込んで仕事ができなくなったりといった問題が生まれているのが現状。本稿では、主に労働者の側に視点を当て、日本のおもてなし文化と労働状況について考察した。

【cover story】
HUG新社長に、ローソン元会長玉塚氏が就任
再成長に向け新たな分野への事業拡大を進める

IT企業『ハーツユナイテッドグループ(HUG)』は、『ローソン』会長を5月末に退任した玉塚元一氏をHUGの代表取締役社長CEOに据えることを、5月15日に発表した。HUG創業者であり、同職を務めていた宮澤栄一氏は取締役会長に就く。

詳細は月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ