HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『センチュリー(CENTURY)』2021年11月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2021年10月29日

株式会社 USPマネジメント

『センチュリー(CENTURY)』2021年11月号情報を掲載しました。

『USPマネジメント』公式サイト『センチュリー(CENTURY)』公式サイトを更新、月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』2021年11月号の情報を掲載いたしました。

【巻頭特集】

今夜は何で「乾杯!」する?
お酒の「ニューノーマル」について考える

近ごろはコロナ禍の影響で飲み会などいわゆる「酒の席」がほとんどなくなってしまい、「宅飲み」スタイルが定着してきた。総務省統計局の「家計調査」では二人以上世帯の外食の「飲酒代」は2020年10月時点で前年同月比マイナス36.3%と減少傾向が続いているが、対照的に2020年4月~6月の1世帯あたりの家庭での酒類支出金額は前年同期比117.4%の伸長を見せている。最近ではコンビニやスーパーの一角を覗くと、ビール、日本酒、焼酎はもちろん、ワインやウイスキー、果実酒、チューハイなど多種多様なアルコール飲料がズラリと並ぶ。そんな中、近年はアルコールに対する意識が業界全体で変わりつつあるという。急激に変化していくアルコール業界の「今」を少しだけ覗いてみよう。

【cover story】
「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて連携協定締結
SkyDriveと大阪府市が目指す「空の道」の活用

詳細は月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ