HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『マスターズ(MASTERS)』2017年2月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2017年1月30日

株式会社 国際通信社

『マスターズ(MASTERS)』2017年2月号情報を掲載しました。

『国際通信社』公式サイト『マスターズ(MASTERS)』公式サイトを更新、月刊経営情報雑誌『マスターズ(MASTERS)』2017年2月号の情報を掲載いたしました。

最新号の主な内容は以下の通りとなっています。

【巻頭特集】
「手を携え革新を起こす── 新たな価値を生むオープンイノベーション」

組織内の知的財産を組み替え、新しい価値を生み出すイノベーション。企業が、社会から評価され求められることを存在意義とするならば、イノベーションによって新たな価値を創造して市場へ送り出し、消費者のニーズに応えることはとても重要なことだ。そのため、日夜、企業は研究・技術開発に勤しんでいる。

従来、企業は自社だけで研究・技術開発を行ってきた。そうして独自の技術を保有することで競合優位の立場を守ろうとしてきたのだ。これを「クローズドイノベーション」と言い、自社の技術やアイデアは企業秘密として囲い込むことが当たり前だった。

長くそうした時代が続いたが、クローズドイノベーションの弊害として、市場化・製品化されず日の目を見ることがなかった画期的な研究開発は数多い。そして、「クローズド」な環境におけるイノベーションは、今や限界を迎えている。

技術が成熟した今日にあっては、競合優位性を持つ技術を自社のみで開発することには多大な労力とコストを要し、企業にとって大きな負担にもなる。そこで近年、新たな経営戦略として注目されているのが、クローズドイノベーションとは逆を行く「オープンイノベーション」だ。

詳細は月刊経営情報雑誌『マスターズ(MASTERS)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ