HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『センチュリー(CENTURY)』2021年4月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2021年3月31日

株式会社 USPマネジメント

『センチュリー(CENTURY)』2021年4月号情報を掲載しました。

『USPマネジメント』公式サイト『センチュリー(CENTURY)』公式サイトを更新、月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』2021年4月号の情報を掲載いたしました。

【巻頭特集】

運送業界の大変革
“貨客混載”でインフラはどう変わる?

運送業界は、今や市場規模約39兆円にものぼる一大産業だ。インターネットの成熟によってEC業界が隆盛した結果、そのうちの半分以上の約25兆円を物流事業が占める。BtoB、BtoCともに好調に推移しつつも、物流業界は高齢化などによる深刻な人手不足が懸念されている。その一方で、旅客業界では地方の人口減少によって過疎化が進んだことによる乗客の減少、コロナ禍による経営難などで運行の縮小や廃止を余儀なくされている現状がある。「人と貨物の輸送」という、社会生活にとって必要不可欠な2つに起こっている問題を一挙に解決する─。その希望の光と言えるのが“貨客混載”だ。本稿では実例を交えながら、運送業界で近年注目を浴びる“貨客混載”の魅力に迫っていく。

【cover story】
ドラッグストア業界の首位に躍り出る
『マツキヨココカラ&カンパニー』が誕生

詳細は月刊企業情報誌『センチュリー(CENTURY)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ