HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『アンカー(ANCHOR)』2021年4月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2021年3月31日

株式会社 報道通信社

『アンカー(ANCHOR)』2021年4月号情報を掲載しました。

『報道通信社』公式サイト『アンカー(ANCHOR)』公式サイトを更新、月刊経営情報誌『アンカー(ANCHOR)』2021年4月号の情報を掲載いたしました。

最新号の主な内容は以下の通りとなっています。


【巻頭特集】

ワクチンの過去・現在・未来

新型コロナウイルスの収束に向けた一つのターニングポイントとなりそうなのが、ワクチン接種である。急ピッチで開発が進んだワクチンが世界各国で接種されるようになってきたが、国家間での激しい争奪戦が熾烈を極めており、供給の見通しは依然不透明だ。そんな中、「出遅れ感」が際立っているのが日本。その背景には、これまでのワクチンをめぐる苦い歴史がある。本稿では、その歴史を紐解くと共に、コロナが切り拓くワクチンの未来について考えたい。


【時代を読む】

「グローカル」戦略の推進で
コロナ後に“アサヒ”を昇らせる

詳細は月刊経営情報誌『アンカー(ANCHOR)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ