HOME > 国際通信社グループ ─ 記事一覧 > 「『アンカー(ANCHOR)』2019年3月号情報を掲載しました。」

【国際通信社グループ】「グループインフォメーション&ニューストピックス ─ 記事詳細」タイトルイメージ
2019年2月28日

株式会社 報道通信社

『アンカー(ANCHOR)』2019年3月号情報を掲載しました。

『報道通信社』公式サイト『アンカー(ANCHOR)』公式サイトを更新、月刊経営情報誌『アンカー(ANCHOR)』2019年3月号の情報を掲載いたしました。

最新号の主な内容は以下の通りとなっています。


【巻頭特集】

万博、再び──。その課題と展望

日本中が熱狂した1970年の大阪万博から、55年。2025年、再び大阪の地に「万博」がやって来る──。その会場として、衆目を集めているのが大阪湾に浮かぶ人工島「夢洲」だ。本稿では、かつて「負の遺産」と呼ばれていた夢洲の過去と現在を紐解き、万博開催に向けて懸念されている課題とその展望に迫ってみたい。


【時代を読む】

収益に占める海外事業の重要性
トップ交代でさらなる発展を期す

詳細は月刊経営情報誌『アンカー(ANCHOR)』公式サイトをご覧ください。

- Powered by PHP工房 -
  • ページTOPへ