モンスターメーカーRPGレジェンド:公式サイト

新着情報レジェンド紹介頁へ

●レジェンドとは?
システムの特長
付属品一覧とプレイの準備

開発者コメント頁へ殿堂の頁へイベント情報頁へダウンロード頁へ


Q&A

お問い合わせ

レジェンドとは?

モンスターメーカー・シリーズの生みの親である鈴木銀一郎先生自らがデザインした、これまでのモンスターメーカーRPGとはコンセプトの異なる、新しいモンスターメーカーRPGです。プレイヤーはシリーズおなじみのキャラクターとなって、剣と魔法の世界であるウルフレンド大陸を冒険します。

イラストはもちろん、シリーズのメインビジュアルを手がける九月姫先生。ルールブックの表紙はもちろん、収録されているマンガやカット、そして付属品のイラストもすべて本作のための書き下ろしです。

『レジェンド』では、戦闘はペーパーフィギュアを使ってマップ上で行います。そのための必要なアイテム一式が付属しています。ペーパーフィギュアはなんと109体分! またシナリオは4本収録されていて、キャンペーンとして遊ぶことも可能です。

●書名:モンスターメーカーRPGレジェンド●ジャンル:TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)●デザイン:鈴木銀一郎●イラスト:九月姫、米田仁士、速水螺旋人●定価:2940円(税込)●装丁:A4判80頁+付属品(イラスト入りペーパーフィギュア109体分、ヘックスタイル60枚分、戦闘マップ2枚、世界地図1枚)●発行:国際通信社●発売:星雲社
TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)について
TRPGは二人以上で遊ぶ会話型のゲームで、一人が物語(用意されている物語をシナリオと呼びます)の司会進行役(一般にゲームマスターと呼ばれます)となり、他の人(プレイヤーと呼ばれます)はその物語の登場人物(キャラクター)を受け持ちます。プレイヤーは、マスターの説明する状況(シナリオに書かれています)の中でキャラクターがどのような行動をとるかを決め、マスターはその行動がどのような状況をもたらしたかをプレイヤーに説明します。ゲームはこの繰り返しによって進みます。ゲームの最終目的は、全員の協力で物語を完成させることです(このゲームに勝敗はありません)。
モンスターメーカーについて
『モンスターメーカー』は1988年に翔企画から発売されたファンタジー・カードゲームです。RPG風カードゲームのブームを生み、シリーズ化されました。カードゲームのみならず、ボードゲーム、コンピュータゲームにもなっています。『レジェンド』は、モンスターメーカーのTRPGとしては3作目にあたりますが、シリーズの生みの親である鈴木銀一郎先生の手によるTRPGとしては初めての作品です。

★『レジェンド』に関する記事・リプレイが、TRPG誌『RPGamer』に掲載されています。詳しくはRPGamerのサイトをご覧ください。RPGamer web site

copyright(C) 2005 Suzuki Ginichiro, Kugatsuhime, Kokusai-Tsushin Co.,Ltd. All rights reserved.
RPGamer web site