■RPGamer Vol.10 Summer 2005
特集:竜と迷宮の冒険 〜D&Dとd20の世界へようこそ〜


Vol.10表紙
イラスト:米田仁士
『Vol.10』をa-gameで購入

●付録1
d20システム対応シナリオ『村の宝を取り戻せ!』

d20システム(D&D3版)に対応したオリジナルのTRPGシナリオ。d20のセッションに(もちろんD&Dにも)使えるペーパーフィギュアとフロアマップ、各種地形やオブジェクトのタイルが付属しています。
シナリオ製作:松本富之、イラスト:速水螺旋人。

プレイ人数:2人
適正レベル:2〜4レベル
コンポーネント:本文8頁(綴じ込み)、ペーパーフィギュア56体分、フロアタイル7枚、地形(オブジェクト)タイル70個

●付録2
対戦型ボードゲーム『ファイティング・ダンジョン』

付録1のコンポーネント(フロアマップやタイル、フィギュアなど)を用いて、独立した対戦型ゲームとして遊べるルールとデータを収録。
プレイヤーは善と悪の陣営に分かれ、個性豊かなキャラクターでパーティを編制、地下迷宮で対決します。地形や能力を生かし、相手陣営を全滅させたら勝利です。しかし迷宮には正体不明の仕掛けが点在し、戦いの行方を左右します。
ゲームデザイン:藤浪智之、イラスト:速水螺旋人。

プレイ人数:2人
プレイ時間:20〜30分
コンポーネント:ルール8頁(綴じ込み) ※及び付録1の付属品

※本サイトのダウンロード頁に、追加シナリオを掲載しています。

●特集は、文:桂令夫、絵:田中としひさのコンビによる、『D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)』の魅力に迫る解説とイメージコミック。d20システム関連記事としては、各メーカーから発売されている商品の3版及び3.5版の対応状況や、d20ファイティングファンタジーの「タイタン神格ガイド」(文:日向禅)やリプレイコミック「サムライの剣」など。総頁数24!

●モンスターメーカーRPGレジェンドは、生みの親のお二人、デザイナー鈴木銀一郎とイラストレーター九月姫参加の、小林正親GMによるリプレイ「くすんでゆく空の青のなかで」。アフターセッションをまとめた後書きやイラストエッセイも必見。

●モンスターメーカー倶楽部R『スペシャルカード』第5弾

●『ルール・ザ・ワールド:ワイルド7』オリジナルシナリオ。

●双方向戦略的遊戯研究室は、読者投稿によるオリジナルTRPG製作がいよいよ佳境に。そして重大な発表が!


■モンスターメーカーRPGレジェンド:リプレイ『くすんでゆく空の青のなかで』 ★予告★
幻想的マスタリングの名手、小林正親先生のGM&文によるリプレイ。
生みの親のお二人、鈴木銀一郎先生と九月姫先生もプレイヤーとして参加しています。
リプレイの後には、アフターセッションをまとめた後書きと、
九月姫先生のイラストコラムも収録。
キャスト

そのむかし、水色の空は美しく、
ドラゴンたちにとって、泣きたいぐらいに、
果てしなく続いていました。

たとえば、戦争があって
たとえば、人と人とが、だましあって、
たとえば、
人と他の命の言葉が通じ合わなくなって

それからの世界は、
いろいろなことが、めまぐるしくて
いろいろなことが、あまりに早く、
過ぎていきましたから、
ドラゴンたちは、どうも、
ついてはいけなくって、
あなぐらに隠れて、吠えたり、わめいたり、
炎を吐いて、こわしたり、
そんなことしかできなくなってしまいました。

「むかしは、良かったね」
「あの頃は、すてきだったね」
そんなことばかり、ささやき合っていた、
恋人同士のドラゴンは、
空に抱かれて、そっと眠りに就きました。

眠りが深い一匹は、
空から堕ちて、死にました。
もう一匹は、くすんでゆく空の青のなかで、
夢もうつつに、ぼんやりと、羽ばたきました。

目が覚めて、
笑っても泣いても、
結局、ぼくらはひとり。

目が覚めて、
笑っても泣いても、
結局、ぼくは、ひとり。

リプレイ『くすんでゆく空の青の中で』より
小林正親(文)

グリン(Player.鈴木銀一郎)
ロリエーン(Player.九月姫)
ルフィーア(Player.井上鮭)
ディアーネ(Player.青山碧)
リンク(Player.泊夜)
ウェン(NPC)

イラスト:九月姫 (from RPGamer vol.10 & モンスターメーカーRPGレジェンド)
copyright(C) 2005 Kugatsuhime, Kokusai-Tsushin Co.,Ltd. All rights reserved.


コマンドマガジン日本版(姉妹誌) アナログゲームショップ a-game 
このホームページ内のすべての画像およびテキストについて、無断転載や加工、二次使用を禁じます。
copyright Kokusai-tsushin Co.,Ltd. All Rights reserved.
(株) 国際通信社