デッキ対戦型萌えミリカードゲーム『少女兵器大戦 -Girl Arms War-』コンテンツ「FAQ」

トップページ > FAQ

デッキ対戦型萌えミリカードゲーム『少女兵器大戦 -Girl Arms War-』 ─ FAQ ─ 少女兵器大戦FAQ

このページでは、『少女兵器大戦』に関するFAQを掲載しています。ルールに不明点などがございましたら、「お問い合わせフォーム」からお問い合わせ下さい。

Q:ケイヴィッツの常駐能力「重装甲」ですが、攻撃や反撃を行う場合、90度右回転を行った時点(ダメージ算出前)で無効になるのでしょうか。

A:はい。その通りです。

(2014.02.24更新)

Q:防御側ターン時に、前線に英国式アフタヌーン・ティーを装備した行動不能GA一人のみが存在する状態で敵がPPを攻撃目標にした場合、英国式アフタヌーン・ティーを捨て札にしてGAを行動可能状態にすることで突破を阻止することは可能でしょうか。

A:突破を阻止することは出来ません。一旦PPが攻撃目標となってしまったら、その後にGAを行動可能状態にもどしたとしても、それを変更することは出来ません。また〈英国式アフタヌーン・ティー〉自体も、〈身代わり〉のような、目標を変更する能力を持ちません。

 

上記のような場合でPPが目標になることを防ぎたい場合は、敵の攻撃アクションの宣言「前」に〈英国式アフタヌーン・ティー〉を使ってGAを行動可能状態にしてください。攻撃実行と目標決定はセットで宣言されるため、攻撃(宣言)を確認してから使うことはできません。アクションフェイズ前もしくは他のアクション直後のフリータイミングを使用し、攻撃を予想して前もってその効果を使ってください。

(2014.02.24更新)

Q:ミント・ファイアの特殊能力「空中援護」はミント・ファイア自身が行動不能状態でも使用できるのでしょうか?

A:使用できません。P17「行動不能状態」の説明にある通り、行動不能状態では能力を使用できません。行動不能状態でないならば、90度回転を必要としないため、コスト(手札1枚)を支払える限り何度でも使用できます。

(2014.02.19更新)

Q:ジーヴィル、ミーナ、イビッスの身代わり系特殊能力は90度回転状態からさらに180度回転状態にすることでもう一度使用できるのでしょうか?

A:90度回転状態、すなわち行動不能状態になっているため、特殊能力自体を使用できません。

(2014.02.19更新)

Q:身代わり系特殊能力による目標変更は1ターン中の目標制限にかかりますか?例えば最初の攻撃アクションでジェスターを攻撃目標に選択したが、ミーナが「地雷除去(身代わり)」を使用したためミーナが目標になった場合、次の攻撃アクションでミーナを目標に選べるのでしょうか?

A:〈身代わり〉によって変更された目標指定は、特殊攻撃での目標指定として扱われます。したがって、1ターン中の目標制限にはかかりません。上記の例では、〈地雷除去(身代わり)〉を使ったミーナも、また身代わりで助かったジェスターも、次の攻撃アクションの目標になりえます。

(2014.02.19更新)

Q:防御側プレイヤーの場に、すでに攻撃目標になった敵GAが1体のみ、未行動状態で存在する場合、攻撃側の未行動状態のGAで攻撃した場合、攻撃目標としてPPを指定することは可能ですか?

A:いいえ、できません。攻撃する場合はまず目標の指定が必要ですが、PPを攻撃目標として指定できるのは防御側の場に未行動状態のGAがいない場合に限られ、また一度攻撃目標になったGAは同じターンに再度攻撃目標にならないため、上記の例では目標そのものが存在せず、攻撃アクションそのものを実行できません。このような状況にならないようにするには、最初に敵GAを攻撃した際に、確実に撃破することが重要です。そのためには、「支援攻撃」(P24)を活用してください。

(2014.02.19更新)

Q:配置フェイズで場に出せるカードの枚数に制限はありますか?また装備できるカードの枚数にも制限はありますか?

A:配置フェイズで、生産ラインから場に出せるカードの枚数については制限はありません。全て出しても、一部だけだしても、全く出さなくてもかまいません。装備カードについては、プレイできるカードの枚数について制限はありませんが、コストが必要ですので、コストの許す限りとなります。

(2014.02.12更新)

Q:未行動状態の〈メサイア〉が未行動状態の〈レイニー〉を目標に攻撃を行い、〈レイニー〉が反撃し、それに対して〈メサイア〉が〈インメルマンターン〉を宣言した場合、さらに〈レイニー〉は反撃を行えますか? また、その反撃に対し〈インメルマンターン〉の宣言は可能ですか?

A:〈レイニー〉の能力にある「1ターン中に同じ目標を2回攻撃できない」の「攻撃」には、反撃や支援攻撃も含まれます。したがって、質問の状況で〈メサイア〉に対して2回反撃することはできません。なお〈メサイア〉の〈インメルマンターン〉は、コストが払える限り同じターン中に何回でも宣言できます。

(2011.02.03更新)

Q:能力/戦術カードはいつでも使えると有りますが、対戦相手の手番中にも使えるのですか?

A:はい。使えます。(詳しくは「戦闘教義」のページをごらんください)

(2011.02.03更新)

Q:互いのプレイヤーが能力/戦術カードを同時に使用しようとしたらどうなりますか?

A:能力/戦術カードの使用はターンプレイヤーが優先されます(これを優先権と言います)。ただし、能力/戦術カードを使用した後は一時的に優先権が相手プレイヤーに移ります。相手がその優先権を放棄した(何もしない)場合、同じプレイヤーが続けて能力/戦術カードを使用できます。問いの場合、ターンプレイヤーの使用しようとした能力/戦術カードが先に解決され、その後、防御側プレイヤーが能力/戦術カードを使用できます。(詳しくは「戦闘教義」のページをごらんください)

(2011.02.03更新)

【追加】 ルールブック:P14 「勝利条件」

●共通デッキを使用している時、デッキのカードが無くなったら捨て札をシャッフルして新しいデッキを作ります。

(2010.11.09更新)

Q:〈新兵訓練所〉と〈ジェスター〉の能力でカードを引く指示がありますが、引いたカードを相手プレイヤーに公開する必要はありますか?

A:はい。引いたカードの内容は対戦相手に公開してください。その後、手札に加えたり、デッキに戻したりします。

(2010.11.09更新)

Q:〈緊急動員令〉で〈ドーラ〉を場に出した場合、〈ドーラ〉は行動不能状態で場に出ますか?また〈ドーラ〉のコストとしてリソースは支払いますか?

A:行動不能状態で場に出ます。しかし、リソースの支払いは不要です(〈緊急動員令〉で代替コストを払っているからです)。

(2010.11.09更新)

Q:〈鈴世〉の能力に「自分の攻撃アクション」とありますが、これは〈鈴世〉自身の攻撃アクションでしょうか?それとも、自軍プレイヤーの攻撃アクションでしょうか?

A:自軍プレイヤーの攻撃アクションです。

(2010.11.09更新)

Q:自軍の前線にGAが1体しかいない状態で攻撃宣言を行った後、そのGAが通常攻撃を行う前に行動不能状態になった場合、その攻撃アクションはどのように処理されますか?

A:攻撃アクションの手番1「目標の宣言」により行動ポイントマーカーは裏返されますが、行動可能状態のGAがいないので手番2「通常攻撃」以降は行われません。単に、行動ポイントが1、失われます。

(2010.11.09更新)

【訂正】 ルールブック:P29

「D.テクノロジー・レベルの設定」の項は無視してください。

(2010.10.26更新)

Q:空戦GA〈フェスリィ〉の攻撃力は0ですが、「P23ダメージの適用」によれば、攻撃対象が黒か緑または装甲を持つ場合に1のダメージを与えられるのではありませんか?

A:〈フェスリィ〉は、「常駐」の能力「航空偵察」により、攻撃も反撃もできません。そのため、敵にダメージを与えることはありません。

(2010.10.26更新)

『少女兵器大戦』って何ですか?

元々は、台湾で出版されたゲームです。ZECO氏が、兵器の擬人化キャラクターシリーズ作品「少女兵器」をカードに落とし込んでゲーム化しました。トレーディングカードゲームのような対戦型のゲームですが、プレイをするのに幾つも箱やブースターを買う必要はなく、『少女兵器大戦-戦闘開始-』の一箱で、2人対戦プレイができます。複数のセットを揃えて自分だけのデッキを作り、TCGのような独自のデッキによる対戦も可能です。

(2010.10.20更新)

ZECOってどんな人ですか?

「少女兵器」シリーズが人気の、台湾で活躍しているイラストレーターです。台湾では2冊目のイラスト単行本を制作中。日本でも1冊目が和訳されて出版されました(『GIRL ARMS:少女兵器~コロランのWW2ノート~』三才ブックスより。現在は完売/絶版)。台湾の最高研究機関である中央研究院が行っている数位典藏(デジタルアーカイブ)プロジェクトの一環で作られた萌え冊子でも執筆するなど、萌えミリジャンルで注目の絵師です。

(2010.10.20更新)

どんなジャンルのゲームですか?

いわゆるトレーディング・カード・ゲームのように、デッキから手札を引いて、コストを払うことで手札を場に出し、相手プレイヤーを攻撃する対戦型ゲームです。

(2010.10.20更新)


デッキ対戦型萌えミリカードゲーム 『少女兵器大戦 -Girl Arms War-』 トップページへ